17 Rolling Stones 

2016年9月 Part10 藤田善宏
2016年8月 Part9 スズキ拓朗
2016年6月 Part8 青田潤一
2016年5月 Part7 田中たつろう
2016年4月 Part6 オクダサトシ
2016年3月 Part5 ぎたろー
2016年1月 Part4 山本光二郎
2015年12月 Part3 古賀 剛
2015年11月 Part2 鎌倉道彦
2015年10月 Part1 平原慎太郎

toptitle

 

――東京藝術大学の大学院まで進み、油画を学んだオクダさんがダンス、というか舞台の世界へと歩み入った経緯がとても気になります。

オクダ 大学院を出た時は何も決まっていない状態だったし、気持ち的にも「油絵もなぁ……」という感じだったんですよね。僕らの頃の油画科には、ほとんど油絵描いているヤツなんかいなくて、ほぼほぼ現代美術にカブれているような人ばかり。「自分も現代美術をやってくのか……」と漠然と考えている頃、村上隆さんや会田誠、小沢剛らとパフォーマンスする機会が何度かあって。それを見ていた舞台関係者から声がかかるようになったんです。最初はダンスカンパニー・ノマド~sの池宮中夫さんでしたね。そこで良平にも会いました。

――絵画など、作品の創作から“自分自身が作品になること”に抵抗はなかったのでしょうか?

オクダ 目的も目標もなく大学院を出た自分にとって、唯一の指針が「来たものは全部やる」だったので、抵抗はありませんでした。ただ、舞踏やダンス、演劇も観てはいたけれど経験は皆無だったので、一応「できますかね?」と訊き返しはしました。池宮さん曰く「ヨーロッパには箪笥を背負って出てくるダンサーがいるんだぞ」と言われ、後から考えるとピナ・バウシュの作品のことなんですが。結果何も背負いませんでしたけれどね(笑)。
 でも振り返ってみると、ダンスとの縁はもっと溯るんですよ。藝大2浪目の頃、金が無いんでバイトしながら予備校の夜間部に通っていたんですが、そこに、「美しいという意味でつけられた」と言う、べらという名の変わった子がいて。「お父さん何しているの」「踊りの先生」「名前は?」「土方巽」と。椅子から落っこちましたよ! 当時僕、舞踏の世界にすごく憧れていて。昭和40年代は現代美術家と暗黒舞踏の舞踏手が濃密に絡み、互いに越境して伝説的なパフォーマンスをたくさん行っていた。それを本で読んで心酔していたんですよね。

――ものすごい出会いですね。

オクダ ええ、浪人中の二十歳の時、土方さんの最後の作品『東北歌舞伎計画』の公演が、池袋のスタジオ200であって。べらが「毎回来ていいよ」と全公演招待してくれて観に行き、ムチャクチャ感動しました。出演していた芦川羊子さんも、スゴかったなぁ。そのべらにも「オクダさんは顔の印刷が濃いから舞台に出たほうがいい」と言われていたんですけどね(笑)。
 あと藝大時代にも、アトリエに偶然ワークショップの勧誘に来た舞踏集団・白虎社の人が、実は岐阜の高校の同級生だったってこともありましたね。なんだか暗黒舞踏界からの引きが強くて(笑)。

――その引きに乗っていたら、だいぶ人生の展開も違っていたでしょうね。

オクダオクダ ね。いや、体型的に無理でしょう(笑)。暗黒舞踏の世界観は好きだし、それは良平も一緒だと思いますけど、僕らの世代は結構憧れがあるので。

――ここまで他のメンバーの方のお話も聞いて来ましたが、自分の意志よりも周りの流れに乗って今日に至っている方が多い。その“持っている感”がスゴいです。

オクダ いやぁ、僕も含め流されているヤツが多いんじゃないですか? そこが良くも悪くもコンドルズらしさで、今も“やらざるを得ない”感覚のメンバーが多い気がしますけど(笑)。

――流れとはいえ、絵の世界に未練はなかったのですか?

オクダ 僕、“作品を残す”ことに最初からどこか抵抗があって。自分で「美術をでっち上げた」と思って、作品を捨てたこともあったんですよ。ファイルなんかも全部燃やして。だから残らない、パフォーマンスへと向かったのは必然だと思います。

――ノマド~sで出会った良平さんの最初の印象は?

オクダ 21時に終わる稽古に20時45分に平然と現れ、誰にも怒られなかった良平に衝撃を受けたのが最初ですかね(笑)、俺ならメチャメチャ怒られるだろうに。まだ日本語もカタコトで上手く喋れていなかったし。そんな、稽古態度はサイアクなのに、本番の良平は作品の中でズバ抜けて良くて。「本番はちゃんとやるんだ。信用できるな」と思いました。

――そこからコンドルズにすぐ誘われたのでしょうか?

オクダ いや、そこを繋ぐもう一人重要な人がいるんです。ノマド~sでもう一人、亡くなった野和田恵里花さんともご一緒していて。彼女もパラグアイ、良平と同じ南米育ちで、二人でやっているデュエット作品もすごく良かったんですが、彼女もリハーサルと本番のギャップが激しい、バケるタイプの信用できる人だったんです。彼女の作品にも何本か出させてもらい、美術や映像、フライヤー・デザインもやるようになっていた。バオバブ・プラネット名義で活動し出した頃ですね。
 ある時、野和田さんのセッションハウスでの公演に、前説と後説で呼ばれて行ったら映像係で良平もいて。その打上げの席で野和田さんが「今度グローブ座でやるんでしょ? オクダさん出せばいいじゃない」と言い出し、良平もそれに乗ったんです。それが1999年の『太陽に口づけⅤ』だった。

――いきなりコンドルズの大舞台じゃないですか。

オクダ その時が年末で公演は3月。もうチラシも刷り上った後でした。話はトントン進んで、すぐ後に高田馬場の、みんなの溜まり場だった焼肉屋・大昌苑に連れて行かれ小林顕作、青田潤一らメンバーに会ったんですよね。中に「なんか見覚えあるヤツがいる」と思ったら、それが鎌倉道彦で、僕が美術の予備校で教えていた生徒だったという(笑)。

――互いに引き合う運命ですね(笑)。縁の濃い人たち……。

オクダ 確かに。考えてみると、先に言った昭和40年代のアートシーンに、僕らの世代も少し似ているところがありますね。美術と舞台芸術の人が入り混じって活動していたし、結構開かれた、自由な空気がそこにはあった。また新しい融合の仕方が見え始めた頃なのかも知れません。

――オクダさんは、コンドルズの作品内でも映像作家として美術と舞台芸術を行き来していますし。

オクダ それも単に「前任者が辞めて」みたいなきっかけなんですけどね(苦笑)。

――いえ、映像コーナーのあの独特の抒情、ある種のペーソスなどファンも多いと思います。

オクダ コンドルズの作品内の映像に関しては、自分が純粋にやりたいことというより、近藤良平のイタコ的な感覚でつくっているんですよ。元々コマ撮りの、アナログ的味わいの映像をつくるのが好きだったので、良平の音楽や趣味に感覚的にも近くて、だから作業は楽しいですね。

――タイトルが決まった後、その意図など聞いて創作に入るのですか?

オクダ いや全く話はしません。タイトルを聞いてまず僕が考えるのはTシャツのデザイン(笑)。既存の曲と合わせる場合は、勝山康晴が選曲担当です。昔は海外で撮ったメンバーの映像なんかも編集して色々使ってたんですが、最近なかなか全員揃わないので頻度は減っているかな。まぁ好きなことはやらせてもらっていますが。

――今年はコンドルズ結成20周年。オクダさんも、その大部分の時間を共有していらっしゃいますが、ご自分の中でコンドルズの位置づけや意味は変わっていますか?

オクダ ……最近は目一杯、力一杯やる場所ですね、「ここで足が折れてもいい!」くらいに。前回もツアーの千秋楽の舞台、フルスィングでやり切ったつもりでいたら、(山本)光二郎さんに「何をドタバタしてんねん」と言われましたが(苦笑)、振りより思い切りやるのが今の目標です。もう年なんで、無限にできるわけじゃないから。それにコンドルズは「下手で揃わないけれど全員全力」というモットーがあって、だからお客さんも喜んでくださるんですから。

――仰るとおりですね。

オクダ それに今、コンドルズは今良いメンバー構成だと思うんですよ。踊れてコントもちゃんと出来る(平原)慎太郎や、天才肌の(スズキ)拓朗、フレッシュな(香取)直登など若手も充実しているし、『遊育計画』などイベント的な企画も評価してもらえている。だから余計、参加するからには全力でやっておきたいと思う気持ちはあります。

――では20年の、その先についてはどうお考えですか?

オクダ まぁ変わらず楽しく、仲良く。もうちょっと若手を増やしてもいいかなぁ。あと、僕は前から外国人メンバーの導入を提案しているんですけどね。学ラン姿の黒人メンバーとかイイでしょう? 身体能力もハンパなく高いでしょうし。ハゲ、デブ、チビはいますから、その他のキャラと言えば外国人枠(笑)。
 そうそう、この前「衣裳のバリエーション増やす?」って話も出たんですよ。

――それは新展開ですね。

オクダ でしょ。「学ランやめてブレザーにしてみたらどうだ?」って。でも、その絵を想像して即却下になりました。実際前にもポロシャツを試したことがあって。でも藤田(善宏)が用意したのを何人かで着てみて、あまりに絵にならなくてこれも却下。ポロシャツはやはりお金持ちな、散髪がキマっている人じゃないとダメですね。ウチはネクタイもロクに結べない連中ばかりですから(笑)。

――その、いつまでも世慣れない、でも勢いと異能が比類ないコンドルズに期待しています。

オクダ それは、間違いなく今後も変わりませんね。

 

TEXT by SORA ONOE