17 Rolling Stones 

2016年9月 Part10 藤田善宏
2016年8月 Part9 スズキ拓朗
2016年6月 Part8 青田潤一
2016年5月 Part7 田中たつろう
2016年4月 Part6 オクダサトシ
2016年3月 Part5 ぎたろー
2016年1月 Part4 山本光二郎
2015年12月 Part3 古賀 剛
2015年11月 Part2 鎌倉道彦
2015年10月 Part1 平原慎太郎

title01title

 

――これまで、海外で近藤さんと出会ったり、他のカンパニーからの転身したりなどダンス系の方が登場しましたが、ぎたろーさんは初のダンス外加入者です。

ぎたろー 出会い方も僕が一番普通じゃないですか? 福岡でのワークショップに参加したのがきっかけですから。

――以前からのコンドルズ・ファンだったのですか?

ぎたろー それが全然違って。当時の僕はギンギラ太陽’s(建物や乗り物などの巧みなかぶりモノを作成。擬人化し、登場人物として演劇作品をつくる福岡市の集団。代表は大塚ムネト)という福岡の劇団に何度か出演していたんですが、劇団の中心的な女優の、古賀今日子さんがコンドルズの大ファンだったんです。大学3年、02年の冬に古賀さんが「良平さんが博多に1ヶ月滞在してワークショップ(WS)をするから、ぎたろーも受けたほうがいいよ」と教えてくれて。
 僕はコンドルズも良平さんのことも全然知らなかったし、参加費2万円も正直イタかったんですが、古賀さんの「絶対に合う、良平さんも作品も好きになるよ」という熱烈な推薦と、古賀さんのカワイさに「参加したらもっと近づけるかな」という下心が主で(笑)、WSオーディションに参加しました。良平さんが、そこまで長く地域に滞在するWSは初めてのことだったらしいですね。

gita――無事合格、受講されたわけですが、どんな体験をされたのでしょう。

ぎたろー 衝撃的でした。僕ダンスなんかまったく踊れないのに、既にオクダさんがコンドルズにはいらしたので、僕のような身体の人間に慣れてらしたんだと思うんですが、“こうしたら、こう動いたら面白い”というビジョンが良平さんのなかにたくさんあって。
 加えて良平さんは“必死で頑張ればできる要求”を的確に出してくれる。そういう設定を個々の参加者ごとに出し、できるようになれば絶対楽しいという振りをつけてくれるんです。逆に、それについていこうとしないと厳しく言われるんですが。だからダンス経験のない参加者も自信を持って踊れるようになるし、不安なく本番に出られてしまうんですよね。しかも、未経験者を含むWSでの1ヶ月で、良平さんが怒ったのを見たことがない。

――演劇とはだいぶ違いますね。

ぎたろー そうなんです。しかも本番では、良平さんがピアノを弾きながらちょっとだけ踊るシーンがあったんですが、そこがずば抜けて良くて。他の参加者のように良平さんに対する予備知識がないぶん、純粋にそのスゴさを体験してしまったのかも知れません。
 でも「良平さん好き!」な方々との温度差が大き過ぎて、その時は良平さんともほとんど話せなかった。だから、まさかトゥ・ビー・コンティニュー(続き)があるとは全く思ってませんでした。

――続き、はどんなことが発端に?

ぎたろー 普通に就活をして、ヨドバシカメラに博多で採用になりました。僕は奨学金で大学に行ったので、その返済を済ませてしまうため、まずは働こうと。でも芝居は続けたかったし、いざ「仕事を辞めて芝居をする」と言うとき、地元より東京に出ていたほうが言いやすいし、他の芝居もたくさん観られると思って、東京採用に変えてもらい、新宿西口本店で働き始めたんです。
 エアコン売り場に入ったんですが、当時はものすごい忙しくて、一日400台売れるときもあった。でも僕は一つのことしかできない人間なので、複数の接客をやるうち前に頼まれたことを忘れてクレームが来たり、連日上司に説教されたりしてましたね……。
 お金は3年で貯まったんですが、“デキない奴”のまま辞めるのがいやだった。そのうち「もう一つ上のポジションに行ける」と上司が言い、芝居もできるよう週末の休みも調整してくれるとまで言われたんですが、却って迷惑をかけるなと思い退社することにしました。

gita――男気を感じさせるエピソードです。

ぎたろー それに、あまりに仕事がキツくて芝居を観ることもままならなかったんですよ。コンドルズも、辞める少し前にやった『UFO』(08年)をやっと観に行ったくらい。良平さんは一度、引越しの時に「家電を安く揃えたい」と言って店には来てくれたんですが(笑)。
 僕が芝居をやりたいことは良平さんも知っていたんですが、その後も良平さんが講師をしているダンス教室の発表会に誘ってくれたりして、コンドルズのお手伝いをするようになったんですよ。同じ年の年末、シアターアプル閉館前の最終公演でやった『ラストワルツ』の打上げで、勝山さんに「コンドルズにお前を出すって話もあるんだけど出たい?」と言われたんです。そこから半年くらい引っ張られた挙句、夏に決まりそうだった芝居の話も断り、どうなるかと思っていたら良平さんから「埼玉公演のチラシに名前入れたから、手伝いついでに間違いないか確認に来て」という電話があって。結局、初出演からなし崩しでした(笑)。

――コンドルズの社風というか、体質がよくわかる話ですね(笑)。

ぎたろー すみません、明確なスカウトのエピソードを話せなくて。だから、何故僕を誘ってくれたのか、参加の決め手がなんなのか、良平さんにも勝山さんにも聞けないまま今日に至るんですよね。ただ、前後に大塚啓一さんが辞められて、光二郎さんとの“ハゲ・ツインズ”がなくなったので、“ゲテモノで二人”的な企画モノとしてのデブが必要だったのかな、と勝手に思ってはいます(笑)。

――いや、そこまで露骨な理由とは思いませんが、多彩な身体と個性が、良平さんの創作意欲を刺激するんじゃないでしょうか。

ぎたろー 良い言い方ですね。あとは、オクダさんに「一緒に練習しましょうよ」と言う係でしょうか(笑)。オクダさんからは、とても学ぶところが多いんですよ。自分の身体をどう使えば伝わるか、何ができるかを熟知している。その本領は海外公演でよく発揮されていますが、本当にドーンとウケますから。アメリカだけそうでもなかったのは、オクダさんサイズが珍しくないから、みたいです(笑)。

――俳優志望のぎたろーさんですが、コンドルズでの活動に最初から溶け込めたんですか?

ぎたろー いえ、ギャップは最初かなりありました。それは「僕、お芝居やりたいのに……」とか言うギャップではなく、コンドルズは個々の、パーソナリティで勝負するじゃないですか。パーソナルなものをむき出しにして面白いのが、僕はコンドルズという集団だと思っていて。コンドルズの公演では、一つ役を介して、という俳優的な作業をしている人は、顕作さんを含めて誰もいないんです。役を介して、相手やお客さんと対話する演劇とは、根本的に違うんです。
 そんな、強烈な個性を放つ面白い人たちのなかで、僕は何をすれば面白いのか、コンドルズに必要とされるピースになれるのか。デブというのはあるにしても、それだけでは太刀打ちできないという悩みはいまだにあるのが正直なところですね。

――それは深遠な悩みですね。

gitaぎたろー ええ。でも人形劇のパートをやらせてもらえるようになってから、そこは役者としての経験が活かせる、確信を持ってできることだと思えたので、少しは役目の果たしどころかなと思っています。
 もうひとつ、顕作さんの存在が僕には非常に大きくて。少ないなりに小劇場界に役者として関わってきた僕が知る限り、顕作さんのように舞台上の反応も観客の反応も全部拾い、表現に還元して行く人は他に知りません。ルンバみたいな人ですよ(笑)、1000人なら1000人を相手に拾いまくり、巻き込むパフォーマーという点で。
 しかも良平さんの要求とは違い、顕作さんは「お前がプロでやりたいなら、ここは超えろ」ということを提示してくれるんです、できるできないに関係なく。「舞台に立つ」ということにおいて、こんな引っ張り方をしてくれる方はいないですよ。

――対照的な、でも人の能力を伸ばす力を持った先輩が、コンドルズにはいる、と。

ぎたろー ええ、本当に恵まれていて、最初の会社での話にも繋がりますが、この人たちが僕に対して少しでも望んでいること、期待してくれることに応えられるようになるまで、絶対にコンドルズを辞められないと思っているんです。身体のこともお芝居のことも、観客のことも意識する。五感をフルに使う。こんな刺激的なチームに出会えたことを、とても感謝しています。

――そんな、俳優としての意識を強く持ちながら参戦されているぎたろーさんは、コンドルズの次世代要員としても、大きな存在ですね。

ぎたろー そんな大層なものではないですが、コンドルズは普段ダンス以外の活動をしている人が多いじゃないですか? 顕作さんもそうだし、古賀さんや橋爪さんも全然違う仕事ですよね。折角コンドルズの一員になったなら、僕もこの集団のなかで、自分にしかできないことをやっていきたいと思っているんです。役者の仕事でも、特に映像の仕事は他の先輩方があまりやっていない領域。そこで、ちゃんと自分の仕事をし、求められる存在になれたと思えたとき、さっき言った「何故僕はコンドルズに入れてもらえたのか」という、どこか負い目にも似た気持ちがクリアになり、必要なピースになれるんじゃないかと密かに思っているんです。

TEXT by SORA ONOE